コンテンツライターとは?【自由なワークスタイルを実現する】

あなたに質問があります。

今までの常識を覆す、全く新しいビジネスモデルである、
「コンテンツライター」という職業を知っていますか?

コピーライターでもなく、セールスライターでもない
コンテンツライターとは、一体どんな職業なのか?

そこで、今回は新たなビジネスである

・コンテンツライターの具体的な仕事内容は?

・実際どんなライフステイルを送っているのか?

・コンテンツライターはどれぐらいの報酬を獲得できるか?

などをお伝えいたします。

■コンテンツライターという仕事3つの特徴

スバリ、「コンテンツライター」とは

スバリ、「コンテンツライター」とは
クライアントが持っているアイデアや専門知識を基に、優れたコンテンツ作成を代行し、
高額な報酬を得ることが可能な、

これまで表舞台に出てこなかった専門的な職業になります。

コンテンツライター3つの特徴

コンテンツライターという職業の特徴として、

・専門知識や知識、経験が不要

2・自由なライフスタイルを可能にするビジネス

3・完全裏方の仕事でも高収入が可能

という3つの特徴があります。

ここからは、それぞれ特徴にについてお伝えしてまいります。

コンテンツライターに必要なもの

ちなみに、コンテンツライターに必要な物とはというと、

・パソコン(安くてOK)

・読むのが苦ではない

・継続して作業できる

が最低条件です。

コンテンツライターとしてビジネスをスタートする時のイニシャルコストが

安価なパソコンでもOKというスモールスタートが可能なビジネスになります。

■コンテンツライターは専門知識や資格、経験はいらない

コンテンツライターは経験や知識はいらない理由とは?

これまでのコンテンツビジネスでは、自分の「アイデア」や「情報源」を、
まとめてコンテンツを作成して、100万円~数億円の売上を上げるビジネスモデルでした。

ですので、自分自身がコンテンツを持っている必要があり、その分野においての
専門知識や経験が必要不可欠でした。

しかし、今回紹介しているコンテンツライターは誰かの「アイデア」や
「情報源」を整理し、まとめて、

コンテンツを代行して作成するというビジネスです。

コンテンツの基となる、「アイデア」や「情報源」はすべてクライアントから提供してもらいます。

ですので、あらゆる業種業態で自身に実際の経験や、
完全に知識がゼロの状態でもコンテンツライターになれるという事になります。

 

具体例として、飲食コンサルタントからの依頼

具体的な例として、もし、あなたがコンテンツライターとして飲食コンサルの方から、

売上がアップする卓上POPの作り方」

に関するコンテンツの作成依頼を受けた場合、

 

あなたは全く飲食店を経営した経験もなければ

POPの作り方の経験もない状態で本当に大丈夫なのか?

という不安な状況になると思います。

そこは、コンテンツ作成に必要なすべての情報はクライアントが提供してくれますので心配いりません。

例えば、クライアントのブログやメルマガなどの情報源、

また、指定された本や雑誌(費用はクライアントが負担)を購入して書かれてある情報など、

クライアントから提供された各種情報を整理し並び替え編集し、

売上が上がる卓上POPの作り方というコンテンツを、代行して作成するという流れになります。

■コンテンツライターのライフスタイルとは?

時間を切り売りしないビジネス

経験や知識がなくてもビジネスが可能なコンテンツライターのライフスタイルに関して、

コンテンツライターはサラリーマンと違い、時間を切り売りするのではなく、

コンテンツという物作りになりますので、受注を受けて納品をして仕事が完了します。

ですので、クライアントと取り決めた納品日をしっかり守ることができるのであれば、

●毎日午前中だけ働いて午後は自由とか、

●週3日だけ働いて、週4日は休むとか、

●月2週間だけ働いて、残り2週間は休暇とか、

●年5ヶ月だけ働いて、残り7ヶ月はバカンス、

という生活は十分可能です。

●また、お子さんを幼稚園に預けてる間に働き、残りの時間は、家族の時間にする。

●月、火、水は働いて、木、金、土、日は別の仕事をしたり趣味の時間にする。

●毎月、最初の2週間で1ヶ月の生活費を稼ぎ、残りの2週間で日本中、世界中に旅に出る。

●5月までに1年分の生活費と学費を稼ぎ6月から長期で海外に家族でホームステイ。

など、自分で働く時間をコントロールできるので、

自由なライフスタイルが可能になるということです。

さらに、サラリーマンや主婦の方などは

空いている時間を活用してまとまった報酬額を受取れる副業としても効率の良いビジネスになります。

■コンテンツビジネス業界の裏話

コンテンツホルダーは困っている・・・

コンテンツビジネス業界の裏話として

実は、いくつものコンテンツを販売している人気コンテンツホルダーは、
持っているアイデアや情報などをまとめ、コンテンツを作る時間がないという悩みがあります。

コンテンツを作る時間がないので、
誰か代わり作ってくれないかなという需要があるのです。

つまり、自分の情報や知識をコンテンツ化してくれる

コンテンツライターがいるのであれば、ぜひ、仕事をお願いしたいと思っているのです。

ただ、現状は

●コンテンツを代行して作れる人材が圧倒的に不足している・・・

●または優秀なコンテンツライターが見つからない・・・

という、需要と供給のバランスが崩れてる市場であり、まさに売り手市場になります。

 

さらに完全な裏方の仕事となりますので、サラリーマンや主婦の方などは

顔出しなどしなくもてコンテンツビジネスで

報酬を得ることが可能になります。

また、個人起業家の方であれば、本業以外の収入源になりますし、

自分のコンテンツを販売した際の

批判などのリスクは一切ないビジネスになります。

■気になるコンテンツライターの報酬は?

実際のコンテンツライターの報酬は?

ここまでご紹介してきたコンテンツライターですが、

一番の気になるのは、やはり報酬だと思います。

数億円を売り上げる人気のコンテンツホルダーからの仕事であれば1案件につき1000万円!?
などというのはさすがに現実離れしていますしありえません。

では、クライアントから受け取る報酬に関して、1案件につき、数十万円〜数百万円と
ばらつきはありますが、

例えば、1案件20万円として月に2案件するだけで
月収40万円、年収約500万円弱になります。

サラリーマンの平均年収も100万円以上稼ぐことができます。

自由なワークスタイルを実現する

 

ABOUTこの記事をかいた人

wifi小僧

wimaxを調べもせずに、焦って契約して後になって大損していたことに唖然。しっかりとリサーチしなかった自分に自己嫌悪・・・。ということで、自分のようにwimaxの契約時に失敗しないためのお得ななおすすめ情報をお届けいたします。